魚が峡を踊る


 
         毎年春夏の季節、コイ川下流の魚「逗灘」(産卵繁殖)上流へ泳いで、彼らは必ず水から一度も踊りを越えて、この所落差ろくじゅうセンチの魚跳び灘ので、現地の人はこの峡穀と呼ばれる踊り峡魚。
          ブラックには穀のもとの生態のため、峡穀での渓穀、鍾乳洞、地下水流で、ずっと多くの野生の魚のように、野生のコイ、赤コウモリ魚、オオサンショウウオ属(通称オオサンショウウオ)、そしていくつかの名前がわからない透明魚など。